☆肩関節

video

  前回の投稿内容に引き続き、何かをしながら行う”ながら運動”を今回はTVを観ながらおこえるパドリングに必要な肩の可動域を広げるストレッチを紹介します。 膝を軽く曲げ、肩の位置が上になるように横たわる体勢から、肩を中心に大きく回します。続いて動作を変えて扇を描くように肩の延長線上にお尻の後ろへ動かしましょう。そして、更にお尻の後ろへ動かした肘を曲げて肩の角度を変えるエクササイズも取り入れます。 ストレッチを日常生活に取り入れられるように、是非動画を確認しながらおこなってみてください!!
video

  海に入る前に簡単にできるパドリングを疲れにくくするストレッチを紹介します。パドリングをするうえで肩関節と肩甲骨の可動域が重要ですが、不十分だと直ぐに疲れてしまうだけでなくパドリングが遅くなる原因にもなりかねません。 一つ目の動きは両腕を下げた状態で体より後ろに腕を動かします。腕が開かないように後ろにもっていくイメージです。 二つ目の動きは片方の腕を上側にもう片方の腕を下側に交互反対に腕を動かします。反動を使わずにおこなってみましょう。 是非、動画で腕の動きを確認しながらおこなってみてください。
video

  前回に続き、タオルを使用したex(エクササイズ)シリーズの今回は最終章です!!パドルに必要な肩関節と、テイクオフに必要な股関節のエクササイズを1つの動作で同時におこないます。タオルの両端を持って足を引き寄せて、タオルをまたぎます。そのまま背中と頭の後ろを通して繰り返します。ポイントは、猫背にならないように気を付けながら10回程おこないましょう。足の引き寄せはテイクオフ動作にとても重要な動きです。またこのエクササイズには同時に肩の可動域を広げる効果がありますので、是非動画で確認しながら試してみてください。
video

  今回はタオルを使用したパドルのためのex(エクササイズ)シリーズを紹介していきます。タオルは使うことで柔軟性や筋力の左右差を整えることができます。また、弱いほうの筋力をサポートすることで、無理なくエクササイズができますので、日常のトレーニングに取り入れてみてはいかがでしょうか?早速、第一回目は肩関節exの頭上タオルローテーションをおこないます。肩幅より広めにタオルを持って頭の後ろを通しながら、たるまないよう動かしていきます。10往復くらいおこないましょう。肩関節の可動域を高めると動きがスムーズになり怪我防止にもつながります。では、動画を観ながらおこなってみてください。
video

  パドルの動きをスムーズにする為の、ex(エクササイズ)シリーズの最終章 ”肩関節のエクササイズ” を紹介します。春一番が吹き、時折、春を感じるこの季節ですが、水温はまだまだ冷たいので関節は固まりがちです。サーフィンの基本、パドルに重要なのが肩甲骨と肩関節。今回は、その肩関節の柔軟な状態を保つために必要な動作をおこないます。まずは、肩の力を抜いて手を下の位置にして、親指のリードで手首を回します。この時に、肩の付け根の可動域を意識しながら、10回くらいおこないましょう。痛みがなければ、両腕を広げて同じように手首を回します。ポイントは、右と左で反対にねじるように動かします。では、動画を観ながらおこなってみてください。