☆可動域アップ

video

  前回に続き、タオルを使用したパドルのためのex(エクササイズ)シリーズをお届けします。今回は、肩甲骨を適正なポジションにするのと同時に、パドルに必要な可動域も一緒に補うテクニックのご紹介です。タオルを後ろに回して斜めに引っ張り合うように10回程度動かします。タオルを持ち替えて反対も同様におこないましょう。ポイントは、胸を張って目線を前に、首もしっかりと起こすように意識します。では、動画でその動きをチェックしてみてください。
video

  パドルの動きをスムーズにする為の、ex(エクササイズ)シリーズの最終章 ”肩関節のエクササイズ” を紹介します。春一番が吹き、時折、春を感じるこの季節ですが、水温はまだまだ冷たいので関節は固まりがちです。サーフィンの基本、パドルに重要なのが肩甲骨と肩関節。今回は、その肩関節の柔軟な状態を保つために必要な動作をおこないます。まずは、肩の力を抜いて手を下の位置にして、親指のリードで手首を回します。この時に、肩の付け根の可動域を意識しながら、10回くらいおこないましょう。痛みがなければ、両腕を広げて同じように手首を回します。ポイントは、右と左で反対にねじるように動かします。では、動画を観ながらおこなってみてください。
video

  パドルの動きをスムーズにするex(エクササイズ)シリーズの第3弾”肩甲骨エクササイズ”を紹介します。肩甲骨を思うように動かせることがパドルのスムーズな動きにつかながりますので行ってみてください。まずは、肘を立てて胸の前に、この時に肩甲骨は広がります。そのまま肘を体と水平にすると肩甲骨は寄せることができます。次に手を前方、後方、上下、このように肩甲骨を動かす動作をルーティンにしています。動画で動きを覚えてリズミカルにおこなってみましょう。背中側の動きにも注目して見てください。
video

  先週からスタートしましたパドルの動きをスムーズにするエクササイズシリーズ。今週は第二弾の”4スイム”をお届けします。4スイムとは水泳の疑似動作をおこない肩の可動域を広げるエクササイズです。最初は背泳ぎから、手を胸の位置におき、肘を中心に外側に回していきます。続いてクロール、逆方向に肘を動かします。そして、平泳ぎは肘を同時に外側に前から後ろへ動かしましょう。最後にバタフライ、肘を中心に後ろから前へ大きく回して肩を動かします。徐々に可動域がでてきましたら、今度は手の位置を胸から肩において同様に背泳ぎ、クロール、平泳ぎ、バタフライの4パターンを繰り返します。動作ポイントは肘を出来るだけ顔に近いところを通るようにおこなってみてください。万が一、痛みや違和感を感じたら中止するか無理しない程度に調整しましょう。
video

  サーフィン後にマストなストレッチの最後となる上級編をご紹介します。※注意点 もしきついなと感じたら無理をしないでください。気持ちいい範囲でおこなってください。では、注意点を踏まえたうえで画像↑のように両腕で体を支える状態で態勢をとります。股関節の中の腸腰筋を伸ばしていきます。片方ずつ10~20秒ほどおこないます。ポイントは足の角度を90度にして腕でしっかりサポートしてください!!
video

  サーフィンのテイクオフ動作に大切な膝関節と股関節のストレッチ方法を紹介します。両足を伸ばし片足の足首を持って胸に引き寄せます。ポイントは背筋を伸ばして足と床が平行になるように意識しましょう。痛みがなければ強めに引き寄せてください。  
video

  仰向けになり床を沿うように腕を大きく動かしましょう。肩関節と肩甲骨を動かすことでパドリングをスムースにすることが出来ます。 [video...
video

  海に入る前の準備運動ですがスタンディングでおこなえるストレッチを紹介します。ビーチエントリーできない場合などに使えるので覚えておくと大変便利です。 ↑↑↑動画を再生するにはクリックまたはタップしてください。      
video

  肩痛サーファーのための海に入る前に行うストレッチを紹介します。痛みのない範囲で繰り返しましょう。慣れてきたら大きく動かすことがポイントですのでためしてください! ↑↑↑動画を再生するにはクリックまたはタップしてください。      
video

腰痛サーファーのための海に入る前のストレッチを紹介します。仰向けの状態で片足を反対側のひざにかけて持ち上げます。ひざの間から手を入れてゆっくり引き寄せましょう。お尻からひざにかけての筋肉をストレッチすることで腰痛予防になります。 ↑↑↑動画を再生するにはクリックまたはタップしてください。